ジョイフルの社風健康経営への取り組み

<株式会社ジョイフルの健康経営宣言>

  株式会社ジョイフルは、従業員の健康管理を重視し、
「健康経営」の実現に向けた取り組みを推進することを宣言します。

株式会社ジョイフルは、従業員の健康管理を重視し、「健康経営」の実現に向けた取り組みを推進することを宣言します。


当社の経営理念

「チェーンレストラン事業を通じ、顧客・株主・従業員・取引先・社会の、
 精神的・物質的幸福を調和させ、その安定的増進を実現します。」
 を実現するために従業員一人ひとりが心身ともに健康で活き活きと
 笑顔で働くことのできる環境づくりを目指して参ります。

「チェーンレストラン事業を通じ、顧客・株主・従業員・取引先・社会の、精神的・物質的幸福を調和させ、その安定的増進を実現します。」
を実現するために従業員一人ひとりが心身ともに健康で活き活きと笑顔で働くことのできる環境づくりを目指して参ります。

2020年10月16日
株式会社ジョイフル
代表取締役社長 穴見 くるみ


<健康経営推進体制>

最高健康経営責任者である社長のもと、外部協力機関である産業医・健康保険組合とともに
「健康経営」を推進する組織を人事部に配置します。

img

<健康経営戦略>

働きやすい職場環境づくり(心身の充実)を推進することで、モチベーションの向上、
労働生産性の向上、組織の活性化に繋げる。
 (健康課題)
・従業員における健康マネジメント、生活習慣病予防への当事者意識の向上
・ワークライフバランスの推進

<健康増進、生活習慣病予防対策>

・定期健康診断の受診促進
 (2020年受診率:97.52%)

・社内報での生活習慣病予防および
   健康経営への取り組み記事記載

・運動機会の増進(始業時の体操の実施)

・社内相談窓口の設置

・長時間労働者に対する過重労働対策の強化
 (勤務間インターバル規制の導入)

・特定業務従事者への診断事後措置の実施

・喫煙率改善対策の実施
 (2020年喫煙率:34.57%)

<メンタルヘルス対策>

・ハラスメントおよびメンタルヘルス研修

・ストレスチェック受検率
 (2020年受検率:99.50%)

・ハラスメントおよびメンタルヘルスに関する
   社外並びに社内相談窓口の設置

<健康経営実施における目標>

・定期健康診断 受診率100%、ストレスチェック 受検率100%
・従業員喫煙率の改善
・労務環境(勤務時間・過重労働・取得休日数)の改善
・メンタル不調を理由とした休職者並びに退職者の抑制