2016年03月14日重要

<ご参考>新人事制度導入~より多くの従業員にとって多様な働き方ができる職場へ~

平成28年3月14日

株式会社ジョイフル

 

<ご参考>新人事制度導入~より多くの従業員にとって多様な働き方ができる職場へ~

 

 株式会社ジョイフルは、社員・パート・アルバイトの新人事制度を下記の通り改定し、平成28年4月1日より運用を開始いたします。 少子高齢化社会を迎えるにあたって、より多くの従業員がより多様な働き方ができる企業であることを目的とし、「社員も会社も成長する制度」、「多様な働き方ができる制度」、「社員が集い定着できる制度」をコンセプトに改定しました。

 

1.社員に関する新人事制度

●役割等級制度を新設

ジョイフルでは能力重視型の人事制度を導入しておりますが、今回の改訂においては職能等級制度の昇降格基準を見直し、店長職においても自己成長が収入増に繋がる制度としました。また、課長職以上には、役割等級制度をあらたに導入しました。「同一役割」「同一賃金」を前提とし、年齢やキャリアに関係なく、業務の難易度にあわせて報酬が支払われる体制を整えました。

 

●キャリアプラン制の導入

営業系、商流系、管理系という3つのキャリアコースを明確にし、計画的な教育配転を行うことで、優れたマネジメント層の人材育成を可能としました。これに加え、特別キャリアコースを新設しました。優秀な新卒入社者を10年間で部長クラスに育成するもので、将来的に経営マネジメント幹部候補とするものです。

 

●多様なライフスタイルへの対応:

多様な働き方に対応するため、以下の通り各種制度等を新設・改定しました。

  • 定年退職制度の廃止:

社員は60歳、パート・アルバイトは65歳の定年を廃止。

  • 短時間勤務制度の導入:

ワーク・ライフ・バランスのとりやすい、短時間勤務制度(月最低80時間以上)を新設。

  • ワーキングプログラムの新設・拡充(社内規程の新設・拡充)

育児・介護・傷病・ボランティア・自己啓発など、休業規程や短時間規程を国及び同業他社を大幅に上回る水準に変更。(例:介護短時間勤務は3年間取得可能、育児短時間勤務は子が小学校4年生まで取得可能)

  • 諸手当の改定:

      「配偶者手当」を廃止する一方、子供手当や子育て手当を充実。

  • ダブルワークの認可制導入(※要承認):
  • 勤務区分の拡充:

従来4つの勤務区分(全国転勤可能、一定地域転勤可能、県内転勤可能・現住所地域勤務可能)に2つの区分(勤務店舗限定、海外勤務可能)を追加。

 

●多様な人材の採用と定着の推進

高卒採用数の増加にともない、本年より新たに高卒入社者に特化した入社前研修を導入します。また、諸般の事情から一度退社した社員が3年以内に復帰する場合に、原則、退職時の給与で復帰できる制度を新設しました。

 

 

2 パート・アルバイトに関する新人事制度

 「年功序列」的な時給体系から、「時間的貢献」*・「能力的貢献」**の2つの貢献度に応じた時給体系へと見直しを行いました。

*「時間的貢献」とは、①一定時間数以上の勤務②様々な時間帯での勤務③土日祝日に勤務などの観点から、その貢献度を評価するもの。

**「能力的貢献」とは、①フロント又はキッチンの作業がマニュアルどおりにできる②フロント及びキッチンの両方でマニュアルに従い勤務できる、③レジ精算や新人教育などの業務を行なうことができる、などの観点からその貢献度を評価するもの。

 

 

 

以    上